美容液とは

美容液とは、特に定義があるわけではありません。
ここでは、管理に独特の価値観やオリジナル定義+一般的定義で話を進めます。
一般的にいって美容成分の濃度が高く、効果が強いものを美容液と言うのでしょう。
粘度とろみがあるジェル状のものが多いですが、クリームに近いようなもの美容液と名付けられている場合があります。
ただし、極端に油分の多いものは、通常は美容液には含まれません。
クリームもしくは美容オイルとなります。
美容液の効能にもいろいろあり、保湿美容液、美白美容液、小ジワ用美容液などのタイプがあります。
油分を肌に与えすぎ、効能を求めるためには美容液が適しています。
ちなみに保湿しないと肌はどうなるのでしょうか。
洗いっぱなしで保湿をしないと肌はどんどん乾燥します。
乾燥すると肌のバリア機能が失われ外的刺激に対して敏感になります。
ひどくなるとかゆみを伴い炎症を起こし、かくとさらにかゆみがますという悪循環に陥ります。
乾燥して荒れた皮膚には雑菌も繁殖します。
また乾燥した肌は、紫外線にも敏感になるので日焼けもしやすくなってしまいます。
肌の老化も早まります。

主な美容液商品とは

ETVOS(エトヴォス)モイスチャライジングセラム、アスタリフト ジェリーアクアリスタ、アヤナスEVエッセンス、Blueclair(ブルークレール)リペアモイストWエッセンス、セルピュア エッセンス、ここら辺の商品は、セラミドがたっぷりの美容液になっており、保湿潤い効果がかなり高くなっております。
管理人も使ったことがある商品が多いので、効果は高いと言えるでしょう。
次に美白系メインの美容液です。
POLA(ポーラ)ホワイトショットCX、ドクターソワAMARANTH(アマランス)APPC-フラセラム、エクイタンス ホワイトロジー エッセンスW、エビス ビーホワイト、アンプルールラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110、ETVOS バランシングVCクリアジェル、blue clair(ブルークレール)リペアモイストWエッセンス、ASTALIFT(アスタリフト) ホワイトエッセンスインフィルトなどになります。
種類が多いですね。
美白は人気ジャンルになるので、各メーカーかなり力をいれて、美白効果の美容液を販売しております。
ちなみに美容液による美白効果は、メラニンを生成する過程を阻害する作用が中心となっている成分の方が良いでしょう。
成分的にカモミラET、トラネキサム酸がメラニンが届くのを抑制や抗炎症を対策してくれます。
アルブチン、エラグ酸、ルシノールもエイジングケアに良いでしょう。
このように美容液商品もかなりの数がありますので、しっかり選択を間違えないように致しましょう。

美容液とクリームの違い

美容液とクリームは、同じようなものだと思いますが、実は違います。
ここら辺を踏まえて、美容液とクリームを使い分けてください。
ちなみに美容液は、その日肌に必要な成分を取り込むために使います。
乾燥を防ぎたい一日だったら、保湿保水成分の美容液で対策。
紫外線を防ぎたいなら、美白系や肌をバリアで防いでくれるタイプの美容液。
肌の疲労を気にするなら、肌へ足りない栄養分を補給できる美容液。
エイジングケアなら、ナールスゲンやコラーゲンがたっぷりの美容液で、肌を補修再生させる美容液。
その日、一日の朝と夜で、役割は変わりますが、肌にあった美容液で、肌に足りないものや必要なものを美容液から吸収させてください。
ついでのブースター美容液が重要なのは、この必要な成分をしっかり肌の奥まで浸透させる為です。
ブースター美容液を使い続けて、美容液が、浸透しやすい肌を作ることで、毎朝その日一日に必要な美容液成分をしっかり吸収させて、効果を発揮してもらうことができるのです。
さて、美容液とは違うクリームの効果とは、簡単に言えば、肌に浸透させる役割では無く美容液の蒸発しないように防ぐ役割がメインです。
基礎化粧品に使う順番があるのは、しっかり目的があるからです。
美容液の次にクリームを使う順番ですが、美容液で、必須成分を浸透させて、クリームで蒸発しないよう防ぐからです。
これで、無駄なく成分を浸透してきます。
こうやって、美容液とクリーム両方で、効果を発揮していくのが理想でしょう。

美容液の簡単な選び方

数ある美容液の中で、どうやって美容液を選べいいのか迷っている思います。
ここでは、とりあえず管理人がオリジナル方法で、美容液を選ぶポイントを見つけてみました。
まず、1つ目は、美容液の目的です。
保湿がメインか、美白がメインか、エイジングケアがメインか、などです。
それによって、自分に一番マッチした美容液を選びましょう。
自分の肌タイプを理解して、肌にマッチした美容液を選びましょう。
敏感肌なのに刺激的な成分が入っている美容液を使うとかないことです。
自分の肌に合わない美容液を選びましょう。
次に美容液の配合美容成分チェックしましょう。
エイジングケアが目的なら、ナールスゲン配合美容液を選ぶなどです。
そして、美容成分がどれくらい配合されているかも調べましょう。
ナールスゲンやフルボ酸が配合されていると記載されているのに配合率をみると0.1%などほぼ配合されていないなどもあります。
しっかり、成分がたくさん配合されているのものチェックしましょう。
他には、安全・信頼でしょう。
美容液は、体・肌に使うものになりますので、この二つは重要ポイントです。
使った後に体や肌に何かしら影響が出てしまってはどうしょうもありません。
後は、テクスチャーや価格などですね。
テクスチャーは、使いやすさになり、長く継続していくなら使いやすさなども重要です。
価格も継続的にみるなら必須項目ですね。
せっかく効果があるのに経済的に継続できなかったら、まったく意味がありません。
継続してこそ美容液は、効果をより発揮してくれるのです。
これらの簡単なポイントをチェックしながら美容液を選びましょう。

PR

更新履歴

2021.04.24 サイト更新

2020.6.28 サイト更新

2019.7.29 サイト更新

2018.1.31 サイト更新

2017.12.5 サイト更新

2016.2.22 サイト更新

2016.1.27 サイト更新

2015.12.8 サイト更新

2015.10.9 サイト更新

2015.6.15 サイト更新

2015.2.12 サイト更新

2014.12.1 サイト更新

2014.11.2 サイト更新

2014.10.8 サイト更新

2014.7.11 サイト開設